内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

検査・診断

検査・診断

花粉が飛散している季節に花粉症特有の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙が出る、など複数の症状を認めることが診断のポイントです。

この症状に加えて、血清特異的IgE検査で診断を確定することができます。

通年性アレルギー性鼻炎と同じように、花粉症でも鼻汁中好酸球、皮膚テスト、血清特異的IgEなどの検査を行います。

当院では、花粉症の原因であるアレルゲンを特定するために、必要に応じて採血による血清特異的IgE検査を行っています。例えば、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、コナヒョウヒダニ、ヤケヒョウヒダニ、カビ、ハウスダストなどの血液検査です。

スギが陽性の場合は、シダトレンによる舌下免疫療法が可能です。コナヒョウヒダニやヤケヒョウヒダニが陽性の場合は、ダニ舌下錠による舌下免疫療法が可能となります。

血清特異的IgE検査は花粉が飛散する季節の後半に上昇し、花粉飛散季節から時間が経つにしたがって、そのスコアは減少しますが陰性化することは少ないとされています。

花粉症の検査結果は時期的な変動があるため、花粉飛散時期の場合は血清特異的IgE検査や鼻水の好酸球検査で十分であり、これに問診などを加えて診断します。診断のポイントは通年性アレルギー性鼻炎と同様であり、季節的な症状の繰り返しを考えると診断は特に問題なく行うことができます。

花粉症の診断は第一に問診であり、そのうえに視診やアレルギー検査の結果を総合的に判断し、必要に応じて原因抗原を含めた抗原診断(アレルゲン検査)を行うように心がけています。

花粉症・アレルギー性鼻炎 TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP