内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

赤血球とは?

赤血球とは?

赤血球

体内では1秒間に約100~200万個、1日に2000億個の赤血球が常につくられています。

したがって、赤血球がつくられる仕組みが破綻した場合、容易に貧血になってしまいます。

赤血球が少なすぎると貧血になり、赤血球が多すぎると血栓症の危険性が高まります。

このため、体内では赤血球を適切な数に調整する仕組みがあります。

赤血球のおもな役割は、肺から取り込んだ酸素を全身の組織に運ぶことです。

実際には、赤血球はヘモグロビンに結びついた酸素を体のすみずみまで運びます。

赤血球の内容の大部分はヘモグロビンです。

ヘモグロビンにはヘムがあり、ヘムには鉄が含まれており、これに酸素が結びつくことによって、赤血球は酸素を運ぶことができます。

赤血球の酸素を運ぶ能力は、血液中のヘモグロビン濃度で決まります。

では、なぜ体には酸素が必要なのでしょうか。

人体のすべての細胞にとって、ミトコンドリアにおけるエネルギー産生のために酸素が必要です。

体内には20兆個の赤血球があり、肺から体のすみずみまで酸素を運んでいます。

赤血球が減りすぎると十分な酸素が運ばれず、赤血球が増えすぎると血液が粘っこくなり、血栓症の危険性が高まります。

赤血球は、造血幹細胞に由来する赤芽球が骨髄内で増殖・分化を繰り返して形成されます。

赤血球の寿命は約120日です。

古くなった赤血球は、最終的に脾臓のマクロファージによって処理されます。

貧血 TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP