内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

甲状腺機能亢進症の症状

甲状腺機能亢進症の症状

甲状腺機能低下症の症状

日本甲状腺学会では甲状腺機能亢進症の原因となる代表的疾患のバセドウ病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎の三疾患それぞれについて、診断ガイドラインをWeb上に公表しています。

甲状腺機能亢進症の原因疾患によって管理や治療が大きく異なるので、原因疾患を診断することは重要です。
甲状腺疾患の診断の基本は、ホルモン過不足の症状、身体所見、そして甲状腺腫です。
甲状腺ホルモン作用の過剰の症状の多くは代謝の亢進と交感神経の活性化によるものです。

甲状腺機能亢進症においてよくみられる症状
  • 動悸
  • 暑がり
  • 動悸
  • 汗をよくかく
  • 体重が減る(食べているにもかかわらず)
  • 食欲が旺盛である
  • 激しく動くと呼吸困難を認める
  • 全身がだるい
  • 疲れやすい
  • 指先がふるえる(振戦)
  • 軟便・下痢を認める、便の回数が多い

女性では過少月経、男性では四肢麻痺を認めることもあります。
小児では、落ち着きがなく、情緒不安定で、学業成績低下の原因となる場合もあります

診察した結果として得られる結果(所見)
  • 頻脈(脈が速い:100/分以上になる)
  • 心電図で心房細動を認める
  • 微熱
  • 皮膚が全体的に湿っている
  • 手や足の指がふるえる(四肢振戦)
  • 甲状腺腫を認める(首がはれている、甲状腺がはれていると健診で指摘される)

甲状腺腫については本人が気づいていないことも多く、たまたま風邪などで受診した際や、健診時に甲状腺腫(首がはれている、甲状腺がはれている)を指摘されてバセドウ病が見つかることも多いのです。

当院では普段の診察において甲状腺の視診・触診を習慣づけています。
その他の診察結果としては、バセドウ病では眼症状(眼球突出・上眼瞼がむくんでいる)を認めることがあり、まれに下腿などにむくみがみられます。

皮膚の色素沈着や白斑などを認めることもあります。
無痛性甲状腺炎は産後に発症することが多いので、最近の出産歴を確認します。

甲状腺 TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP