内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは

甲状腺機能低下症はその大部分が甲状腺自体に原因がある原発性甲状腺機能低下症(橋本病)です。

手術や放射性ヨード内用療法など医原性のものや、ホルモン合成障害などの先天性のものや、ヨードの過剰摂取(海藻などの摂取)によるものを除くと、原因の多くは原発性甲状腺機能低下症(橋本病)です。
ただし、TSH(甲状腺刺激ホルモン)分泌不全による中枢性のものもあり、対応が異なる場合があるので橋本病以外の疾患を念頭に置いておく必要があります。
多くの薬剤により甲状腺機能低下症が引き起こされますが、その多くは自己免疫性の甲状腺疾患です。

甲状腺機能低下症の原因は複数存在します。

少し専門的になりますが、甲状腺ホルモンの分泌は視床下部~下垂体~甲状腺の内分泌ネットワークにより調節されています。
下垂体に異常がない場合、血中甲状腺ホルモンが多いとTSH(甲状腺刺激ホルモン)は抑制され、逆に甲状腺ホルモンが足りないとTSH(甲状腺刺激ホルモン)分泌が亢進します。
中枢性が原因の場合、このフィードバックシステムが働きません。
「当院の診療の流れ」でも説明したように、甲状腺疾患の病態を把握するためにはTSH(甲状腺刺激ホルモン)濃度は重要であり、通常は甲状腺ホルモン(FT4)と同時に測定します。
甲状腺ホルモン濃度が正常範囲内にありながら、TSH(甲状腺刺激ホルモン)が低値のものを潜在性甲状腺機能亢進症、TSH(甲状腺刺激ホルモン)が高値のものを潜在性甲状腺機能低下症と呼びます。

甲状腺 TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP