内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

B型肝炎ウイルス(HBV)の遺伝子型(ジェノタイプ)

B型肝炎ウイルス(HBV)の遺伝子型(ジェノタイプ)

B型肝炎ウイルス(HBV)の遺伝子型(ジェノタイプ)は、A型からJ型まで少なくとも10種類の型があります。この遺伝子型(ジェノタイプ)には、地域特異性があり、慢性化率など臨床経過に違いがあることがわかっています。

日本全国複数施設の共同研究により解析可能であった720例のB型肝炎ウイルス(HBV)遺伝子型(ジェノタイプ)の分布状況は

  1. HBV/C(ジェノタイプC) 約85%
  2. HBV/B(ジェノタイプB) 約12%
  3. HBV/A(ジェノタイプA) 約2%

このうち遺伝子型A(ジェノタイプA)はAa(アジア・アフリカ型)とAe(欧米型)に分かれますが、1995年以降、日本では稀だった欧米型HBV/Aeの割合が増加しています。

遺伝子型A(ジェノタイプA)によるB型急性肝炎の肝障害の程度は遺伝子型C(ジェノタイプC)と比較して軽いのですが、HBs抗原消失までの期間が長く、遺伝子型Aの慢性化率は遺伝子型Cと比較して高くなる傾向があることが報告されています。

B型肝炎ウイルス(HBV)には4種類の血清型(主要サブタイプadr、adw、ayr、arw)がありますが、異なる血清型で交差免疫が成立することがチンパンジーを用いた動物実験などで観察されており、2つの国産B型肝炎ワクチンは、異なる血清型や遺伝子型が異なるB型肝炎ウイルス(HBV)にも効果があると考えられています。

B型肝炎ワクチン TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP