内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

B型肝炎ワクチン追加接種の必要性

B型肝炎ワクチン追加接種の必要性

HBs抗原が半年以上にわたり陽性であることはB型肝炎ウイルス(HBV)キャリアであることを示しており、このような人に対するB型肝炎ワクチン接種は通常行われていません。

HBs抗体陽性であることはB型急性肝炎を発症して治癒した人、もしくは過去にB型肝炎ワクチンを接種した人が考えられます。前者の場合は、すでに治癒しているので原則としてB型肝炎ワクチン接種の必要はありません。後者の場合も、現時点でHBs抗体陽性であれば接種の必要はありませんが、B型肝炎ワクチン接種後のHBs抗体価は時間の経過とともに低下していくので、他人の血液に触れる機会が多い職種の人などは、HBs抗体が陰性化していることがわかった時点で、追加接種を受けておくことが勧められます。

1シリーズ(3回)のB型肝炎ワクチン接種をしても抗体獲得できなかった場合、もう1シリーズ(3回)の再接種が推奨されます。B型肝炎ワクチンは現在2種類の製品(ヘプタバックス®、ビームゲン®)が流通しており、1シリーズ(3回接種)でHBs抗体陽性とならなかった場合は異なるワクチンを接種することも一つの方法です。

2シリーズでもHBs抗体陽性化がみられなかった場合は、それ以上の追加接種での陽性化率は低くなるため、「ワクチン不応者」として汚染事故(血液・体液曝露)の際に厳重な対応と経過措置を行います。

追加接種について定められた基準はありませんが、文献報告からHBs抗体価においては以下の基準が一定の目安になっています

  1. PHA法:HBs抗体陰性化
  2. ELISA法、CLIA法:HBs抗体 10mIU/mL以下

一般的にCLIA法10mIU/mLはB型肝炎ワクチンの追加接種基準とされる最小防御抗体価です。

B型肝炎ワクチン3回接種後にHBs抗体を獲得し、その38か月後(3年2か月)にHBs抗体が陰性化した12名に対して1回の追加接種をした結果、全例が再び陽性となり、その平均抗体価も3回接種と同等以上になったという報告があります。

医療関係者のように、患者さんと接触するようなハイリスク者においては、本人が自覚できない感染事故が起きる可能性があります。

このような状況を考えると、医療関係者などのハイリスク者は定期的に追加接種を行い、常にHBs抗体価を維持しておく意義はあるとも考えられます。

なお、米国では追加接種は必要無いとされており、日本と米国で見解の相違が認められます。現実的には各医療機関の判断に任されています。

B型肝炎ワクチン TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP