内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

接種間隔がずれた場合の対応

接種間隔がずれた場合の対応

B型肝炎ワクチンは3回接種が基本となります。

接種スケジュールがずれた場合としては以下のようなケースが考えられますが、いずれの場合においても、3回接種後にHBs抗体価を測定し、その結果により効果を判定します。

  1. 1回目と2回目の間隔が4週を超えた場合
    気づいた時点で速やかに2回目を接種します。その後、規定通りに3回目のワクチンを接種すれば基礎免疫が得られると考えられますが、念のため、3回目接種1~2か月後をめどにHBs抗体価を測定することをお勧めしています。
  2. 1回目と2回目の間隔が4週未満だった場合 データはありませんが、やり直すことはせず、まずは引き続き3回目を接種し、3回目接種1~2か月後をめどにHBs抗体価を測定することをお勧めしています。
  3. 2回目と3回目を規定より長い間隔で接種した場合
    3回目の接種は、6か月以降(12か月くらいまで)の人が6か月目接種よりHBs抗体価の上昇がよいとのデータもありますので、時期が遅れても引き続き速やかに3回目を接種し、念のため、3回目接種1~2か月後をめどにHBs抗体価を測定することをお勧めしています。
  4. 2回目と3回目を規定より短い間隔で接種した場合
    0・1・3か月で接種したグループと0・1・6か月で接種したグループの、HBs抗体陽転率および平均抗体価を調べた報告によると、HBs抗体陽転率については差が認められなかったものの、平均抗体価は前者の方が有意に低いという結果でした。この場合も3回目接種1~2か月をめどにHBs抗体価を測定することをお勧めしています。

B型肝炎ワクチン TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP