内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

B型肝炎ワクチンの健保等一部限定適用

B型肝炎ワクチンの健保等一部限定適用

B型肝炎ワクチンには以下の3つの適応があります。

① B型肝炎の予防

ハイリスク者が感染前にあらかじめワクチン接種を行い、HBs抗体を獲得することが目的です。これは予防を目的とした使用法であり、3回接種いずれも保険適用とならず、全額自己負担です。
ただし、血友病患者にB型肝炎の予防の目的で使用した場合は、保険給付の対象となります。
なお、小児のB型肝炎ワクチンは現時点では任意接種ですが(0歳児を除く)、自治体によっては、費用の一部や全額を公費助成している地域もあります。

② B型肝炎ウイルス(HBV)母子感染の予防

HBs抗原陽性の妊婦から生まれた新生児は分娩の際にB型肝炎に感染する可能性が高いため、その感染を阻止するためにB型肝炎ワクチンを使用する方法です。
抗HBs人免疫グロブリン(HBIG)およびB型肝炎ワクチンを、生後12時間以内を目安に1回、さらに1回目接種の1か月後および6か月後に接種する「B型肝炎母子感染防止対策」が行われています。
この際に使用されるB型肝炎ワクチンは健康保険適用となります。

③ HBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による事故後のB型肝炎発症予防

B型肝炎ウイルス(HBV)に汚染された血液等による汚染事故の場合、発症防止のためにHBIGとB型肝炎ワクチンを併用します。
このような場合の保険適用については、業務上であれば労災保険が、業務外であると健康保険等が適用となります。
なお、ワクチンが保険適用になるのは、以前は汚染源がHBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液とされていましたが、2004年4月からHBe抗原が陰性であってもHBs抗原が陽性であれば、労災保険の適用とする旨の通知が出されました。
ただし、健康保険の適用は、汚染源がHBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液に限られます。

B型肝炎ワクチン TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP