内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

免疫獲得後にB型肝炎ウイルス(HBV)陽性血液に曝露された場合のB型肝炎ワクチンの追加接種の必要性

  • HOME »
  • »
  • 免疫獲得後にB型肝炎ウイルス(HBV)陽性血液に曝露された場合のB型肝炎ワクチンの追加接種の必要性

免疫獲得後にB型肝炎ウイルス(HBV)陽性血液に曝露された場合のB型肝炎ワクチンの追加接種の必要性

HBs抗体を一度獲得した場合、以後B型肝炎ウイルス(HBV)陽性血液に曝露されてもB型急性肝炎が発症することはまれですが、HBs抗体価が低下した場合には、B型肝炎ウイルス(HBV)への曝露後にB型肝炎ウイルス量(HBV-DNA量)が陽性になることもあります。

HBs抗体価 10mIU/mL未満に低下した場合には、B型肝炎ワクチンを追加接種することも選択肢となります。

「医療関係者のためのワクチンガイドライン」(2014)によれば、1シリーズ(0・1・6か月後の3回接種)のワクチン接種で基準以上の抗体価を獲得した場合、以後B型肝炎ウイルス(HBV)陽性血液に曝露されても、B型急性肝炎やB型慢性肝炎に対する発症予防効果が認められています。

B型肝炎ワクチンはHBs抗原蛋白10μg(0.5mL:10歳以上)を皮下または筋肉内に接種します。

初回接種に引き続き、1か月後、6か月後の3回接種を1シリーズとして、1シリーズ3回目のワクチン接種終了後、1~2か月にHBs抗体を測定し、陽性化の有無を確認します。

EIA法、CLIA法、RIA法でHBs抗体価が10mIU/mL以上に上昇している場合は、免疫獲得と考えます。当院ではCLIA法を採用しています。

B型肝炎ワクチン TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP