内科・消化器内科「天神橋みやたけクリニック」では内科疾患全般、特にB型肝炎、C型肝炎、胃カメラ(ピロリ菌治療を含む)、花粉症(舌下免疫療法)、生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、痛風)、アンチエイジングの診療に力を入れています。|大阪市北区「南森町駅」「大阪天満宮駅」下車、天神橋筋を北へスグ|大阪府肝炎専門医療機関

免疫抑制状態(ステロイドやその他の免疫抑制剤を使用中の人、透析患者など)にある人や、インターフェロン、抗がん剤、抗生物質などを使用している人への接種

  • HOME »
  • »
  • 免疫抑制状態(ステロイドやその他の免疫抑制剤を使用中の人、透析患者など)にある人や、インターフェロン、抗がん剤、抗生物質などを使用している人への接種

免疫抑制状態(ステロイドやその他の免疫抑制剤を使用中の人、透析患者など)にある人や、インターフェロン、抗がん剤、抗生物質などを使用している人への接種

免疫抑制状態の人へのB型肝炎ワクチンの接種は可能ですが、HBs抗体産生が十分に獲得できない可能性があります。

インターフェロン、抗がん剤、抗生物質を使用中の人も接種可能と考えられますが、薬剤を使用する背景となる原疾患の状態(病状が落ち着いているか、熱はないか、など)を予診により確認する必要があります。

このような人に接種する場合、B型肝炎ワクチンの効果が減弱する可能性があります。

現行のB型肝炎ワクチンは、遺伝子組換えワクチンで不活化ワクチンに分類されるため、被接種者の免疫状態にかかわらず、ワクチンウイルスが活性化することはありません。

免疫抑制剤は細胞性免疫や液性免疫(抗体産生)を抑制するため、ワクチン接種による免疫獲得が不良となる可能性があります。抗がん剤についても同様の考え方になります。

抗生物質や抗結核薬、感冒薬の服用も、ワクチン接種自体に大きな影響を与えないと考えられています。

ただし、各種薬剤を服用中の場合、その時点で患者さんがワクチン接種に適した状態であるか(病状が落ち着いている、熱がない、など)を検討する必要はあります。

B型肝炎ワクチン TOPページヘ戻る

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
午前診 9:30~13:00
午後診15:30~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分、
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」
から徒歩5分

お気軽にお問い合せ下さい。

06-6809-7295

クリニック情報

診療科目

内科・消化器内科

診療時間

 
  9:30~13:00
15:30~18:00

休診日

木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

院長

宮竹 英希

アクセス情報

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館ビル2F

地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」5番出口徒歩1分
その他出口からも徒歩3分
JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩5分

人間ドック・健診 ご予約受付中。ホームページからの予約でT-POINTが貯まります!空き状況確認、予約はこちら
PAGETOP